気分転換 外 改善

吐き気と眠気

 

 

一人目の時には、食べても食べなくても吐き気がとまらず、体がだるくて起きることもできず、仕事に行くこともできませんでした。車での通勤だったので、家を出発しても途中で気分が悪くなり引き返してくることも頻繁にありました。一番ひどいときには、食べ物だけではなく水も飲むことができなくなり、清涼飲料水を少しずつ飲んだり、氷をなめたりするのが精いっぱいでした。少しつわりがおさまってくると、これまでと好きな食べ物が一変しました。これまでは、炭酸飲料は全く飲めなかったのですが、とてもおいしく感じ、強い炭酸のジュースばかり飲んでいる時期がありました。また、ポテトが無性に食べたくなり、仕事帰りにドライブスルーでポテトを買って食べながら帰るのが日課でした。妊婦は控えたほうがよいといわれているマグロなどもとても食べたくなり、多すぎないように気を付けながらも鉄火巻きなど食べていました。夜中に目が覚めてチーズが食べたくて仕方がないこともありました。

 

つわり中にも葉酸サプリを飲むことが大切になりますが、実際にどのような評価なのかは気になりますよね。
このサイトを見て、AFC葉酸サプリの口コミを確認してみてくださいね。

 

また、このサイトではベルタ葉酸サプリの体験談などが掲載されていますので、こちらもチェックしてみてくださいね!

横になって休む、眠る。気分転換に外出する。

 

 

3人の子どもを出産しました。いちばん初めの妊娠の時が最もつわりがひどく、何もしていなくても吐き気が止まらず、つらくて寝てばかりいました。2回目以降は、吐き気はあったのですが、寝ていてもよくならないことが1回目の時で分かっていたので、体調に無理がない範囲で外出をしていました。外に出て気分が変わると吐き気がおさまったり、家の中では食欲がなくても友達と一緒に外食をすると食べられたりすることもあったので、気分的なものが多いのかな、と思いました。油の多いものや生魚など、妊婦が食べないほうがよいといわれているものでも、食べたいと思ったら適量食べていました。何も食べないよりはよいかと思ってのことですが、そのことにより我慢しているというストレスがなくなり、気分がよくなることもありました。家に引きこもっているよりは、自分の好きな場所に出かけたほうがつわりが改善されました。私は図書館や涼しい木陰のある公園によく出かけていました。

こんな記事も読まれています